JAおちいまばり おちいまひろば(コラムだよ)

CONTENTS
花づくりにTRY
家庭菜園にTRY!
シリーズ「食す」
スタッフブログ
Ochi-image
食農教育〜子どもたちの未来へ〜
今月のあなたの運勢

WeLove農~おちいまばり産を知ろう~
JAおちいまばりホームページはこちら

お問合わせ

 JAおちいまばり 総合企画部
     組織広報課


TEL:0898-34-1862
FAX:0898-34-0200
Mail:otayori@ja-ochiima.or.jp
トップページ > スタッフブログ > かんきつの成長良好 着花量など調査

スタッフブログ

2017/06/12
かんきつの成長良好 着花量など調査

 
 JAおちいまばり管内で5月、管内の柑橘の着花状況を確認し、今後の栽培方針と今年度の出荷量の目安を把握しました。

 

2017年5月17日
菊間共選運営委員や事務局などあわせて17人で、温州みかん、伊予柑の樹を中心に8園地を巡回しました。
園地によってバラつきはあるもの、全体的には表年傾向で、今年度も出荷量は良好の予想でした。

 

  

 
 

2017年5月23日~30日
 当JAのTAC指導員(地域農業の担い手に出向くJA担当者)や共選場長など21人が島しょ部を含む管内の園地を巡回しました。
温州みかんの「あいさん」や、中晩柑の「はれひめ」「甘平」、「伊予柑」などの樹を中心に着果量や発芽状況などを調査。
園地ごとに着果量のばらつきが見られましたが、全体を通しおおむねの着花状況でした。

 
 

 調査後、収量の確保に向けて今後の施肥や病害虫対策などを生産者へ呼びかけるよう意思統一を図り、今年度の出荷目標を「温州みかん」が5,000トン、「中晩柑」が7,500トンなどと決めました。同JA営農指導課の吉田敏彦課長は「今年の柑橘は表年。計画的に出荷できるよう努める」と話しました。