JAおちいまばり おちいまひろば(コラムだよ)

CONTENTS
花づくりにTRY
家庭菜園にTRY!
シリーズ「食す」
スタッフブログ
Ochi-image
食農教育〜子どもたちの未来へ〜
今月のあなたの運勢

WeLove農~おちいまばり産を知ろう~
JAおちいまばりホームページはこちら

お問合わせ

 JAおちいまばり 総合企画部
     組織広報課


TEL:0898-34-1862
FAX:0898-34-0200
Mail:otayori@ja-ochiima.or.jp
トップページ > スタッフブログ > 郷土料理を通し台湾女性と交流

スタッフブログ

2017/05/25
郷土料理を通し台湾女性と交流

 
2017年4月、日本文化や郷土料理を知ってもらおうとJAバンクえひめなど4社・団体がインバウンド(訪日外国人)モニターツアーを企画し
JAおちいまばりの彩菜サイコーでの昼食会とさいさいきて屋クッキングスタジオでの料理交流会をしました。
 

愛媛を訪れた台湾人女性9人です。

 

参加者は彩菜サイコー(SAI&Co.)の「肉処さいえん」で
今治産の野菜や肉をふんだんに使ったメニューを食しました。

 

早速SNSへ投稿してくれています!

 

翌日には、JA越智今治女性部がさいさいきて屋のクッキングスタジオで
料理交流会を開きました。

 

「揚げはこうやって切るんよ~」

 

 

女性部オリジナルの「さくら味噌」を使った味噌汁、ひじきご飯を作り、旬のタケノコ、サヤエンドウなどを使った煮しめのほか、白和えや自家製プリンを振る舞いました。
女性部員は、地元食材の説明をしたり調理方法を教えたりしながら、和やかに交流を楽しみました。

 

完成!とってもおいしそう♪

 

なかでも参加者に好評だったのはひじきご飯で「ヘルシーでとてもおいしい♪家でも作ってみたい!」と多くの方がおかわりしていました!

 

記念品として部員が手作りした巾着とかんざしを贈り、日本文化も発信することができました。

 

 

1日ですっかり台湾女性たちと打ち解けた女性部の皆さんでした。

 
組織広報課の八木啓二課長は「女性部との料理交流体験を通じて、管内の『農』『食』『文化』の魅力を十分に伝えることができました。今回のふれあいをきっかけに、多くの人へ今治市を訪れてほしい」と話しました。