JAおちいまばり おちいまひろば(コラムだよ)

CONTENTS
花づくりにTRY
家庭菜園にTRY!
シリーズ「食す」
スタッフブログ
Ochi-image
食農教育〜子どもたちの未来へ〜
今月のあなたの運勢

WeLove農~おちいまばり産を知ろう~
JAおちいまばりホームページはこちら

お問合わせ

 JAおちいまばり 総合企画部
     組織広報課


TEL:0898-34-1862
FAX:0898-34-0200
Mail:otayori@ja-ochiima.or.jp
トップページ > スタッフブログ > 果樹の担い手育成「新規就農サポート事業」スタート!

スタッフブログ

2017/05/24
果樹の担い手育成「新規就農サポート事業」スタート!

 
JAおちいまばりでは2017年4月5日、管内主力である果樹農業の新たな担い手育成と果樹産地の生産振興を進める「新規就農サポート事業」を開始しました。

 

除幕式の様子。

 

管内の大三島(今治市上浦町)の耕作放棄地を、柑橘農業ができる園地へ再整備し研修園地として活用。
就農希望者が将来自立して農業を営むことができるよう2年間かけ栽培や管理を学びます。

 

JAおちいまばりは昨年度から、東京・大阪などで開かれた就農セミナー「新・農業人フェア」などで農業希望者を募集しました。「しまなみ海道沿線で農業をしたい!」「みかんの栽培管理を学びたい!」と北海道や千葉県から4人の研修生が集まりました。
黒川俊継代表理事理事長は、「この事業をきっかけに、島しょ部の地域農業活性化に期待する」と意気込みます。

 
 

4月28日から3日間、研修園地に宮川早生、はれひめ、甘平などの柑橘の苗木を530本植えました。

 

 

 

研修生たちは、担当の川本隆哉営農指導員から
「地上部にこんもりと土を盛り、接木部分は隠れないように!深く植えると、通気不足や排水不良で根腐れを起こしやすくなるので注意してください」と指導を受け作業にとりかかりました。
 

以前は何もなかった園地…。1本1本丁寧に植え、約70アールの園地に見事苗木を定植しました。

 

定植完了!

 
 研修生は「すべてが初めてのことばかりで楽しみながら作業できました。栽培技術を学び、苗木とともに成長できるようにがんばりたい」と話しました。
今後は、かん水設備や鳥獣害対策の電気柵も設置予定です。