JAおちいまばり おちいまひろば(コラムだよ)

CONTENTS
花づくりにTRY
家庭菜園にTRY!
シリーズ「食す」
スタッフブログ
Ochi-image
食農教育〜子どもたちの未来へ〜
今月のあなたの運勢

WeLove農~おちいまばり産を知ろう~
JAおちいまばりホームページはこちら

お問合わせ

 JAおちいまばり 総合企画部
     組織広報課


TEL:0898-34-1862
FAX:0898-34-0200
Mail:otayori@ja-ochiima.or.jp
トップページ > シリーズ「食す」 > ☆カリフラワー☆

シリーズ「食す」

2016/01/15
☆カリフラワー☆

 カリフラワーはキャベツやダイコンと同じアブラナ科の野菜です。私たちが普段食べている白い部分は花のつぼみです。 
 
 カリフラワーをゆでるとき、小麦粉と酢、さらに食塩を入れると良いとされています。小麦粉はあくの成分を吸着してくれます。さらに小麦粉を入れることで沸点が高くなるため早くゆで上がり、ビタミンCの流出を抑えてくれます。また、カリフラワーの薄い色はフラボノイドという色素です。このフラボノイドは酸性のときに白い色になるので、レモン汁や食酢を入れて、ゆで水を酸性にしておくと、きれいな白色に仕上がります。さらに、食酢には野菜を軟らかくするのを邪魔する働きがあるので、その働きを抑えてくれる食塩を加えます。 
 
 このように、カリフラワーは下ゆでしてあく抜きをしないと食べられないと思われがちですが、実は生で食べることもできます。あくは主にクロロゲン酸というものです。これはゴボウに含まれるあくと同じ成分で、空気に触れると茶色く褐変してしまいますが、抗酸化作用があり、がんや糖尿病、老化予防にも効果があるといわれています。 
 
 さらに、カリフラワーはとてもビタミンCを多く含む野菜です。ゆでたカリフラワーだと、100g当たり53mg、生だと100g当たり81mg含まれています。これは、トマトやピーマンよりも多く含まれ野菜の中でも上位の含有量です。成人の大人が1日に必要なビタミンCは約100mg。カリフラワーが1房250gぐらいだとすると、カリフラワーを半分食べるだけで1日に必要なビタミンCが摂取できてしまうのです。 
 ドレッシングにお酢を使えば変色を防ぐこともできます。新鮮な物を軽く水にさらし、薄くスライスしてサラダやマリネにしてみてはいかがでしょうか。生で食べる野菜としても定番になるとうれしいです。 
 
岡村麻純(おかむら ますみ) 1984年7月31日生まれ。お茶の水女子大学卒。大学で4年間食物科学を学び、食生活アドバイザーなどの資格を持つ。 
公式ブログ:http://ameblo.jp/masumiokamura/ 
 
 
 
カリフラワーを使ったおすすめレシピ 
 
カリフラワーと豚肉のカレー炒め 
 
 
 
1人分 
212kcal 
調理時間 
15分 
 
■材料(2人分) 
カリフラワー…………………………400g(正味200g) 
ピーマン…………………………………………………2個 
豚ばら肉(薄切り)…………………………………100g  

 カレー粉………………………………………小さじ1/2 
 塩………………………………………………小さじ1/6 
 こしょう………………………………………………少々 
 酒…………………………………………………大さじ1 
 
■作り方 
(1)カリフラワーは小房に分けて、熱湯で硬めにゆで、よく水気を切ります。 
(2)ピーマンは種を取って太めの細切りにします。  
(3)豚肉は3cm長さに切ります。 
(4)フライパンに肉を入れ、弱火で脂が出てカリカリになるまで炒めます。脂が多ければ、ペーパーなどで拭き取り(脂大さじ1/2ほどを残す)、ピーマン、カリフラワーを加えて炒めます。Aを加えて炒め、火を止めます。 
 
ベターホームのお料理教室 撮影:松島均